演出設備新規導入・リニューアル改修

新規開業ホテル・リニューアルホテルなどの宴会場演出設備コンサルティング実績を基に、顧客ニーズの将来的変化とテクノロジーの進化にフレキシブルに対応できる拡張性の高い演出基盤を設計。設備の導入後に過大な運用経費が発生しない効果的で無駄のない設備を提案させて頂きます。

宴会場特殊演出設備コンサルティングの流れ

1.建築計画および現有設備・会場要望の把握
●建築計画概要の確認(建築業者・ホテルとの調整)
●現有設備の検証
●ホテルスタッフ、契約業者のオペレーションスキル検証
●宴会戦略のヒアリング、ホテル各セクションからの要望収集
2.マーケット検証・現状分析
●競合施設比較による設備検証
●一般宴会・婚礼宴会売上検証
●一般宴会持込状況調査
●既存商品分析と料金システムの検証
3.宴会場特殊設備戦略の提案
●ターゲット戦略と導入設備の提案
●設備説明概要書作成 
●設備レイアウト図作成
●設備概算作成
●演出設備導入後の運営方式提案
4.実行計画のまとめ
●建築及び電気との概要調整
●宴会特殊設備の基本設計図作成
●設備機器の具体的な仕様書の作成
●施工会社入札に伴うオリエンテーションサポート
5.設計調整会議、設備スペック査定
●基本設計図及び仕様書に基き各部署との整合調整会議
●調整後の各条件変更を反映した実施設計図の作成
●施工見積り書の設備・機器の費用と仕様及びグレードの査定
6.施工~竣工検査
●施工会社及び設備設計との定例会議による工程監理確認
●各部署との施工区分の詳細確認と調整
●竣工時の施工会社による竣工検査とともにオペレーションを想定した実務的な竣工検査